旅行

【海外旅行の持ち物】本当に必要な物はこれ!必需品とあれば便利な持ち物チェックリスト

海外は日本とは勝手が違うので、旅行の際の持ち物には気をつかいますよね?
「あ!あれ持って来るの忘れた!」
「これ無駄な荷物だったな…」
なんてことにならないよう、本当に必要な物だけ持っていきたいですよね!

ムチコちゃん
ムチコちゃん
海外旅行に慣れてないから、忘れ物をしちゃわないか心配だなぁ…
ミナトくん
ミナトくん
意外と現地で入手できるものもあるし、逆に海外ではすぐに手に入らないものもあるよね。行く前にしっかりチェックしておこう!

今回は、はじめて海外旅行をする方、久しぶりに海外へ行かれる方へ、これさえあれば安心の「海外旅行の持ち物」をご紹介します!

海外旅行の持ち物

飛行機で海外へ旅行する際の持ち物は、大きく分けて2つです。

  • 機内持ち込み手荷物
  • 預け入れ手荷物

それぞれご紹介します。

機内持ち込み手荷物

機内に持ち込むものは、

  • 必需品
  • あると便利なもの

の2種類に分けられます。

機内で使いたいもの、盗難や破損が心配なもの、預け入れできないものは、機内持ち込み手荷物にします。すぐ取り出して使いたいものは、持ち込み用のバッグとは別の小さめのバッグに入れておくと便利です。

必需品

  • パスポート
  • ビザ
  • 搭乗券(eチケット)
  • スマートフォン(携帯電話)
  • 海外旅行保険証書
  • クレジットカード
  • 現地通貨
  • 日本円
  • ボールペン(筆記用具)
パスポート

これがなくては海外に行くことができません!
残存有効期間も必ず確認しておきましょう。国によってさまざまですが、入国時〜3ヶ月あるいは6ヶ月以上残っていないと入国できない国もあります。

ビザ

国によっては観光ビザが必要です。渡航先にビザが必要か必ず確認しましょう。アメリカのように、ビザではなくESTAの事前登録が必要な国もあります。国によって入国条件が異なるので、自分が行く国についてよく調べておきましょう。

搭乗券(eチケット)

最近は紙のチケットよりも、eチケットが主流です。eチケットの場合は、2次元バーコード(eチケットお客様控え)が必要です 。スマホ画面を提示するだけでチェックイン可能です。web予約した場合は、印刷した控えを忘れずに

スマートフォン(携帯電話)

スマホは旅先で困った時、web検索したり、マップを開いたり、カメラとして使用したりと、かなり役立ちます。国内でもスマホに頼った生活をしている人は、海外でも必須です。充電器も忘れずに

海外旅行保険証書

万が一のトラブルに備えて、海外旅行保険に加入する方も多いと思います。保険証券を持っていけば間違いありませんが、持ち歩かなくとも、証券番号緊急連絡先の電話番号はメモして持っていきましょう

クレジットカード

クレジットカードがあれば、現金をたくさん持ち歩かなくて済みます。海外キャッシングサービスを利用すれば、ATMから現地通貨を引き出すこともできます。

現地通貨

マーケットや屋台など、クレジットカードが使えないお店もあるので、現地通貨は必要です。国によっては、チップの文化があったり、トイレを利用するのにもお金が必要だったりします。大きい金額だけではなく、小さい金額の通貨も用意しておくと使いやすいです。

日本円

空港に行くまでや帰りの交通費に必要です。現地で両替することもできます。

ボールペン(筆記用具)

意外と見落としがちなのがボールペンです。出入国カードを書く際に使います。空港に着いてからでも大丈夫ですが、機内で書いておけば、スムーズに手続きができます。

あるといいもの

なくても大丈夫ですが、あると便利なものをご紹介します。必要に応じて持って行きましょう。

保湿グッズ
  • マスク
  • リップクリーム
  • フェイスミスト
  • 保湿クリーム
  • ハンドクリーム

機内はかなり乾燥しています。寝ている間にのどを痛めないようにマスクを、肌の乾燥にはフェイスミスト保湿クリームを用意しておきましょう。もちろん液体は100ml以内に抑えて、密閉袋に入れて持ち込みましょう。

防寒グッズ
  • 上着
  • ストール

機内は冷房が効いていて寒いことがあります。ブランケットは貸してもらえますが、パーカーやカーディガンなどの上着ストールなど、さっと羽織れるものを用意しておくと安心です

快眠グッズ
  • アイマスク
  • 耳栓
  • トラベル枕

機内では、エンジン音やさまざまな雑音、ほかの乗客の目が気になり、なかなか寝付けない方もいると思います。長時間のフライトは疲労が溜まりますので、アイマスク耳栓トラベル枕などを用意して、少しでも快適に眠れるようにしましょう。

暇つぶしグッズ
  • ゲーム機
  • オーディオプレイヤー

長時間のフライトは退屈です。自分好みの暇つぶしグッズを用意し、移動時間を楽しみましょう。機内の映画だけでは飽きてしまう方は、ゲーム機、小説、ガイドブック、オーディオプレイヤーなどを持って行きましょう。

精密機器
  • PC
  • カメラ
  • モバイルバッテリー
  • Wi-Fi

PCやタブレット、カメラなどの精密機器は預け入れできないわけではありませんが、破損や盗難の心配があります。また、モバイルバッテリー(リチウム電池)は預け入れができないので、機内に持ち込みましょう。Wi-Fiは機内で使うことはできませんが、現地に着いたらすぐ使えるよう、機内手荷物の中に入れて置きましょう。

スリッパ、ティッシュなど
  • スリッパ
  • ポケットティッシュ
  • ウェットティッシュ

長時間座ったままでいると足がむくんでくるので、スリッパがあるとリラックスできます。ポケットティッシュウェットティッシュは現地に着いてから何かと必要になります。常にカバンに忍ばせておきましょう。

その他
  • メガネ
  • コンタクトレンズ(洗浄剤)
  • 常備薬
  • 歯ブラシセット
  • メイク道具・メイク落とし

普段からメガネコンタクトレンズをしている人は、洗浄剤なども含めて、忘れずに持って行きましょう。常備薬は日本から持っていくと安心です。機内で歯磨きをしたい方は歯ブラシセットを、女性の場合は、メイク落としやメイク道具も必要に応じて持って行きましょう。

預け入れ手荷物

機内に持ち込めないもの、すぐには使わないものなどは預け入れ手荷物に入れましょう。

衣類

  • 着替え
  • 下着
  • 靴下
  • パジャマ・ルームウェア

着替え・下着・靴下は旅行日数に合わせて持って行きましょう。パジャマはホテルによっては用意されていないこともあるので、ルームウェアスウェットなど、くつろげる服を持って行きましょう。

洗面用具

  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • ボディソープ
  • シャンプー&リンス
  • タオル
  • 洗顔料・メイク落とし
  • 化粧品
  • 整髪料
  • 生理用品
  • カミソリ・髭剃り
  • くし

宿泊するホテルにアメニティが用意されているか確認し、ないものは持って行きましょう。タオルは割れやすいお土産を包むのにも使えるので、数枚あると便利です。

その他

  • 観光用バッグ
  • エコバッグ
  • 変換アダプター
  • 充電器
  • 折りたたみ傘
  • ビニール袋・ジッパー付き保存袋
  • 防寒具・手袋・マフラー・ニット帽
  • 水着・サングラス・サンダル・帽子・日焼け止め

歩きやすいスニーカーで行くのがベストですが、その他にが必要であれば持って行きましょう。観光用に小さめのバッグがあると便利です。また、買い物袋がもらえないことが多いので、エコバッグを持参しましょう。

携帯電話やカメラ、パソコンなどの各種充電器海外用の電源プラグ変換アダプターも忘れずに。(※モバイルバッテリーは機内持ち込み手荷物に!)折りたたみ傘は持参した方が◎。ビニール袋ジッパー付き保存袋はあれば何かと使えます。

渡航先が冬なら防寒対策を、夏であれば日差し対策をしっかりしましょう。

まとめ

なるべく少ない持ち物でコンパクトに旅行したい人は、必要なものは現地で調達するのもありです。反対に、旅先で困らないようにできるだけ備えて行きたい人は、忘れ物がないように気をつけましょう。旅行のスタイルは人それぞれですが、パスポートやビザなど、最低限必要なものはお忘れなく!

 

この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter