美容・健康

【プロテインバー】おすすめ人気商品5選!気になるカロリーやタンパク質量を比較してみた

昨今の筋肉ブームで話題の『プロテインバー』
最近はコンビニでもよく見かけるようになりました。

いつでもどこでも手軽にタンパク質補給ができ、
おやつ感覚で食べられるプロテインバー。
各社からさまざまな商品が発売されており、
どれがいいのか、どう違うのか、迷ってしまいますよね?

今回は、数あるプロテインバーの中から
おすすめを厳選し、それぞれの特徴をご紹介します。
プロテインバー選びにお役立てください!

プロテイン(タンパク質)と筋肉

筋肉をつけるためには、タンパク質が欠かせません。

人の体の約20%はタンパク質でできており、
筋肉もその中に含まれます。

体内のタンパク質の元となるのは、20種類のアミノ酸です。アミノ酸は常に新しいものと入れ替わっており、体内で合成されるものもありますが、合成することができない9種類の必須アミノ酸は毎日の食事から摂取しなければなりません。

筋力UPのためには、十分な量のタンパク質(アミノ酸)
を摂ることが必要です。
これまでは、タンパク質を多く含む食材や
プロテインドリンクで摂取するのが主流ですが、
最近は手軽でおいしいプロテインバー
利用する人が増えています。

プロテインバー選びのポイント

プロテインバーを選ぶ際のポイントとして
あげられるのは次の5つです。

  1. プロテイン(タンパク質)の量
  2. プロテインの種類
  3. 味や食感のタイプ
  4. 糖質やカロリー
  5. プロテイン以外の栄養素

プロテイン(タンパク質)の量

プロテインバー1本当たりの
タンパク質含有量は10g前後が標準です。
多いもので15g〜30gほど

一般の人が1日に必要とするタンパク質量は
体重1キロ当たり0.8〜1gだそう。
運動や筋トレをする人は1キロ当たり2gほどを
目安に摂取することが望ましいと言われています。

筋トレをしている体重50kgの人であれば、
1日に100gのタンパク質が必要ということ。

食事から摂取できない分を補うものとして
1日の食事とのバランスを考えて、
プロテインバーを選ぶのが良いでしょう

プロテインの種類

プロテインバーに含まれるタンパク質には、
動物性タンパク質植物性タンパク質
2種類があります。

動物性タンパク質は、
牛乳が原料の『ホエイプロテイン』で、
体内で吸収されやすく、
必須アミノ酸の含有量が多いのが特徴。

植物性タンパク質は、
大豆由来の『ソイプロテイン』で、
消化に時間がかかるため吸収率は少し劣りますが、
腹持ちがよいのが特徴です。

より筋肉量UPを目指すなら、
『ホエイプロテイン』の含有量が多いもの
選ぶのが良いでしょう。
ダイエット目的なら『ソイプロテイン』
が多いものもおすすめです。

味や食感のタイプ

プロテインバーは味や種類が豊富です。
美味しいものでないと続きませんし、
飽きたら違う味も食べたいですよね?

チョコレート味やヨーグルト味、
チョコレートバーやグラノーラタイプ、
ウエハースタイプ、
ナッツやドライフルーツが入ったものなど
さまざまな商品があります。

味や食感の好みによって選ぶことができるので
お気に入りが見つかるはずです。

糖質やカロリー

運動しながら筋肉をつけるためには
糖質も必要ですが、お多すぎないものを
選びましょう。

プロテイン以外の栄養素

市販のプロテインバーの多くには、
タンパク質以外にもさまざまな栄養素
添加されています。

ビタミンやミネラル、必須アミノ酸など
タンパク質の吸収を助けたり、
より効率良く筋力をUPさせたり、
同時に摂取することで効果的な成分
配合されています。

プロテインバーはタンパク質の摂取が
メインですが、他の栄養素もチェックして
自分にあったものを選びましょう!

人気のプロテインバーおすすめ5選!

数あるプロテインバーの中から
手に入れやすく、人気のある国産の商品を
厳選して5つご紹介します!

今回はオーソドックスなチョコレート味を
中心にご紹介します。

森永製菓
『inバー プロテイン ベイクドチョコ』

タンパク質量:15.9g
プロテイン種類:ホエイプロテイン、ソイプロテイン
エネルギー:209kcal
脂質:11.1g
炭水化物:12.1g
−糖質:10.6g
−食物繊維:1.5g

原材料:乳たんぱく、大豆たんぱく、植物油脂、ショートニング、ココアパウダー、砂糖、大豆パフ、マーガリン、アーモンド、全粉乳、脱脂粉乳、麦芽糖、カカオマス、アーモンドペースト、果糖/ソルビトール、トレハロース、乳化剤、グリセリン、香料、膨脹剤、ナイアシン、甘味料(スクラロース)、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12

1本(標準43g)当たり

森永製菓の『in バー プロテイン』
シリーズのいちばんの特徴は、
種類の多さです!

今回ご紹介するのはベイクドチョコですが、
ウエハースタイプグラノーラタイプもあり、
味の種類も豊富です。

タンパク質の働きに必要な
ビタミンB群(7種)が配合されており、
効率よくタンパク質を摂取することができます。

しっとりした焼きチョコバータイプで、
中にはアーモンドが入っています。

糖質が気になる方は、糖質40%オフ
『ベイクドビター』もおすすめです。
(ただし、タンパク質量は10g)

  • 1本当たりのタンパク質量15.9g
  • タンパク質の働きに必要なビタミンB群(7種)を配合
  • しっとり焼きチョコバータイプ

森永製菓『inバー プロテイン』公式サイトはこちら

アサヒグループ食品
『1本満足バー プロテインチョコ』

タンパク質量:15g
プロテイン種類:ソイプロテイン、ホエイプロテイン
エネルギー:183kcal
脂質:8.5g
炭水化物:12.1g
−糖質:11g
−食物繊維:0.4〜1.8g

原材料:大豆パフ(大豆たん白、でん粉、植物油脂)(小麦を含む)、砂糖、ホエイたん白、カカオマス、植物油脂、全粉乳、ココアバター、大豆加工品、レーズン、乳糖、グルコマンナン、酵母エキス/炭酸Ca、乳化剤、トレハロース、ロイシン、香料、リジン、バリン、イソロイシン、スレオニン、V.E、フェニルアラニン、メチオニン、ヒスチジン、V.B6、V.B2、トリプトファン、V.B1、V.B12

1本39g当たり

5種のビタミン必須アミノ酸9種
配合されているのが特徴です。

シリアルタイプのチョコレートバーで、
ザクザクとした食感と
レーズンの酸味がアクセントになっています。

本格的なミルクチョコレートの味がして
美味しいと評判です。

  • 1本当たりのタンパク質量15g
  • 5種のビタミン、9種の必須アミノ酸を配合
  • ザクザク食感のシリアルタイプ。

『プロテインヨーグルト味』や、
タンパク質量は10gと少し減りますが、
ランナーに嬉しいミネラルが配合された
『プロテイン・ラン ベイクドチョコ』もあります。

アサヒグループ食品『1本満足バー』公式サイトはこちら

UHA味覚糖
『SIXPACK プロテインバーチョコレート味』

タンパク質量:20.6g
プロテイン種類:ホエイプロテイン
エネルギー:166kcal
脂質:6.3g
炭水化物:8g
−糖質:5.3g
−食物繊維:2.7g

原材料:乳たんぱく、コラーゲンペプチド、ココアパウダー、植物油脂、脱脂粉乳、食物繊維、食塩/アラニン、グリセリン、甘味料(アスパルテーム・L-フェルニンアラニン化合物、スクラロース)、乳化剤、香料、増粘多糖類、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

1本(標準40g)当たり

ボディビルダーでもある、
日本体育大学 准教授 バズーカ岡田先生
監修のプロテインバー。

1本当たりのタンパク質量はなんと20g
1つで約1/3日分のタンパク質が摂取できます。

脂質・糖質ともに7g以下に抑えられており、
糖質やカロリーを気にする方におすすめです。

6個に小さく割ることができるので
ちょこちょこ食べることができます。

  • 1本当たりのタンパク質量20g
  • 脂質・糖質が7g以下
  • 小さく割って数回に分けて食べられる

キャラメルピーナッツ味も人気です。

UHA味覚糖 『SIXPACK プロテインバー』の公式サイトはこちら

DNS woman
『ソイフィット プロテインバー チョコレート&ナッツ』

タンパク質量:10.6g
プロテイン種類:ソイプロテイン
エネルギー:140kcal
脂質:4.1g
炭水化物:15.1g

原材料:大豆加工食品(大豆パフ)、ポリデキストロース、砂糖、植物油脂、還元水飴、ドロマイト、ココアパウダー、アーモンド、粉末状大豆たん白、カカオマス、全粉乳、モルトエキス/トレハロース、炭酸カルシウム、香料(ごま由来)、ピロリン酸第二鉄、乳化剤、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、酸化防止剤(ビタミンE)、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

1本38g当たり

女性に嬉しいビタミンやミネラル
しっかり取ることができる、
女性向けのプロテインバーです。

脂質はわずか4g
理想のカラダを手に入れたい女性にぴったりです。

ザクザクした食感で食べ応えあり。
レーズン&クランベリー味もあります。

  • 1本当たりのタンパク質量10.6g
  • ビタミン10種・ミネラル3種配合
  • 脂質がわずか4g

『DNS woman ソイフィットプロテインバー』公式サイトはこちら

丸善 『PROFIT 国産ささみプロテインバー プレーン』

タンパク質量:11g
プロテイン種類:動物性タンパク質
エネルギー:69kcal
脂質:0.4g
炭水化物:4.6g

原材料:鶏ささみ、豚コラーゲンペプチド、チキンエキス、食塩、発酵調味料、野菜ミックスソテーピューレ―、香辛料、たまねぎエキス、穀物酢、酵母パウダー、チキンエキスパウダー/加工デンプン、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、香料、甘味料(ネオテーム)、香辛料抽出物

1本65g当たり(1袋2本入り)

高タンパク・低脂肪の鶏ささみを主原料とした
ソーセージタイプのプロテインバー。

1袋当たりのタンパク質は22g、
コラーゲン4000mg配合
1本当たりの脂質はなんと0.4g

プレーンの他に、ペッパーやレモン味もあり、
甘いプロテインバーが苦手な方におすすめです。

  • 1本当たりのタンパク質量11g
  •  コラーゲン4000mg配合
  • ささみを使用したソーセージタイプ
  • 脂質0.4gと低脂肪

『丸善 PROFITささみプロテインバー』公式サイトはこちら

5つを比較してみた

ご紹介した5つの商品を比較してみました。


この中で唯一甘くない
『丸善PROFIT ささみプロテインバー 』が、
圧倒的に、カロリー・脂質・炭水化物
ともに低いことがわかります。

「タンパク質は摂りたいけど、
甘いものが食べたい!」という方は、
タンパク質を重視するなら『UHA味覚糖 SIXPACK』
カロリー・脂質を気にするなら『DNSwoman』
炭水化物(糖質)を抑えたいなら『UHA味覚糖 SIXPACK』
が良いかもしれません。

その他に配合されている
ビタミンやミネラルなどの栄養素から、
自分の求めるものを選ぶのも良いでしょう。

まとめ

商品によってそれぞれ特徴の違う『プロテインバー』
成分も大事ですが、食べておいしいも重要ですよね!

自分に合ったものを見つけてみてください!

この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter