森山雑記

「モモンガ」と「ムササビ」の違い|似ているようで全然違う!?

「モモンガ」と「ムササビ」はどちらも滑空かっくうする哺乳類です。

なんとなく、体を広げて飛んでいる姿をイメージできると思いますが、この2つの動物の違いってよくわからないですよね?

ムチコちゃん
ムチコちゃん
呼び方が違うだけで同じ動物なんじゃないの?
ミナトくん
ミナトくん
「モモンガ」と「ムササビ」はよく似ているけど、違う動物だよ!比べてみると結構違うんだ!

今回は、「モモンガ」と「ムササビ」の違いについて解説していきます。

「モモンガ」と「ムササビ」の似ているところ

「モモンガ」と「ムササビ」
「モモンガ」と「ムササビ」は、もちろん似ているところもあります。

共通点はこちら。

  1. リス科の動物
  2. 夜行性
  3. 滑空する
  4. 雑食

リス科の動物

「モモンガ」も「ムササビ」も同じリス科に属する動物です。

「モモンガ」も「ムササビ」も同じリス科

「モモンガ」はネズミ目リス科リス亜科モモンガ族モモンガ属

「ムササビ」はネズミ目リス科リス亜科モモンガ族ムササビ属

分類上はとても近い動物なので、似ているのも当然です。

夜行性

「モモンガ」も「ムササビ」も夜行性です。
日が暮れてから活動を始めます。

滑空する

滑空する

「モモンガ」も「ムササビ」も、前足と後ろ足の間に飛膜ひまくと呼ばれる膜を持っています。この飛膜を広げてグライダーのように滑空することで、木から木へ飛び移ることができます。

雑食

「モモンガ」も「ムササビ」も雑食性の動物です。
木の葉、芽、果実、樹皮、昆虫など、さまざまなものを食べます。

「モモンガ」と「ムササビ」の違うところ

ここからは、2つの動物の違いを解説していきます。

  1. 生息地
  2. 行動
  3. 大きさ
  4. しっぽ

生息地

「モモンガ」は世界中に生息してますが、「ムササビ」の生息地は日本だけ

「ムササビ」は日本の固有種です。乱獲により個体数が減ってしまったため、現在は絶滅危惧種に指定されています。捕まえたり、ペットとして飼うことはできません。

対して「モモンガ」は種類も多く、世界各地に生息しています。日本に生息している固有のモモンガは、「ニホンモモンガ」と「エゾモモンガ」の2種類です。

ミナトくん
ミナトくん
「ニホンモモンガ」は本州、四国、九州に、「エゾモモンガ」は北海道にのみ生息しているんだよ!

また、「モモンガ」は山地にのみ生息し、「ムササビ」は平地〜山地の広い範囲に生息しています。

行動

「ムササビ」は単独行動を好みますが、「モモンガ」は集団で行動します。

大きさ

大きさ

「モモンガは空飛ぶハンカチ」「ムササビは空飛ぶ座布団」と言われるほど、大きさにちがいがあります。

「モモンガ」は体長15〜20cm、体重は約200gと小さいのに対して、「ムササビ」は体長50cmほど、大きい個体では体重1500gにもなるほど、大きいのが特徴です。
※体長にはしっぽの長さは含まれません。

「ムササビ」の方が体が大きいため、飛膜も大きく、遠くまで滑空することができます

しっぽ

「モモンガ」は平べったいしっぽ、「ムササビ」は細長い円筒形のしっぽになっています。

「モモンガ」の目は顔の横に付いており、くりっと愛らしい大きな目をしています。ムササビ」の目は顔の前に付いています。

また、「ムササビ」の顔は、頬に白い帯状の模様があるのが特徴です。

ムチコちゃん
ムチコちゃん
「モモンガ」と「ムササビ」ってやっぱり似てるところもあるけど、全然違う生き物だったんだね!

まとめ

「モモンガ」と「ムササビ」はどちらも空を飛ぶ動物ですが、比べてみると結構違いがあります。似ているようで、意外と全く違う動物だということがお分りいただけたのではないでしょうか?

知ってる?「フクロウ」と「ミミズク」の違い!あの耳みたいな羽がポイント!実はどちらもフクロウなんです『フクロウ』と『ミミズク』は耳のような羽があるかないかで区別されます。しかし生物学上は同じフクロウ目フクロウ科に分類されます。 ...
この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter