amazonプライム

松本人志×Amazon「FREEZE(フリーズ)」動かなければ100万円!?amazonプライムビデオ 恐ろしいけど、面白い!?

amazonプライムビデオより2018年9月19日より配信が開始した、松本人志プレゼンツ『FREEZE(フリーズ)』のシーズン1を早速視聴しました!

ミナトくん
ミナトくん
どんな状況でも動いちゃダメってめちゃくちゃ難しくない!?

人気作品『ドキュメンタル』を一度見たことがある人ならお察しいただけるであろう、
今回も、放送コードを気にせずに様々な仕掛けが用意されています。

地上波では、放送できないようなことがamazonプライムビデオなら可能というところが、
やはり「強みなのかな?」と感じます。

今回は、松本人志プレゼンツの『FREEZE』のコンセプトを簡単に紹介し、視聴後の感想をお伝えしたいと思います!
Amazonプライムビデオを30日間無料で試す!

松本人志『FREEZE(フリーズ)』のコンセプト

FREEZE フリーズ 松本人志 amazon アマゾン ブライムビデオ amazonプライム 1話 未知なる戦い

松本人志が繰り出す、ドキュメンタルに続く新企画。8人の参加者が「氷の塔」へ集結。その塔の中で起こるすべての出来事に驚くことなく、戸惑うことなく、微動だにせず耐え、動かなかった者だけが、塔の頂上を目指すことを許される。必要なスキルはなし。ただ動かなければいい。しかし、想像を絶するナンセンスで過酷な試練が参加者を襲う!精神と肉体の限界を超え、動かずにいられるのは誰だ!?(C)2018 YD Creation

FREEZE(フリーズ)は、名前の通り『動かない』がコンセプトとなっています。
動かなかったら、勝ち』ということですね。

「じゃあ動かなかったら優勝できるの?」
その通りです笑
最後まで動かなかった人が優勝です!

さらに、優勝者には100万円という魅力的な企画です。

「動かないで100万円なんて簡単じゃん!」と思うかもしれませんが、
さすが松本人志、どうしても動いてしまうような仕掛けが用意されています。

FREEZE(フリーズ)のルール

amazonビデオで、松本人志が企画する大人気番組『ドキュメンタル』をみたことがある人はピンと来るかと思いますが、
今回も松本人志が、2つのボタンで出演者達を操作します。

ボタンには『青ボタン』と『赤ボタン』の二種類があり、
青ボタン=FREEZE(フリーズ)
赤ボタン=RELEASE(リリース)
という内容になっております。

青ボタンが押されると、出演者は腕を組む状態で椅子に座り、一切動いてはいけません。
赤ボタンが押されると、動いてもいい状態になります。

基本的に、これの繰り返しとなります。

松本人志『FREEZE(フリーズ)』シーズン1の出演者

審査員かつ指示出し
・松本人志

動いたらダメなメンバー
・岩尾望(フットボールアワー)
・クロちゃん(安田大サーカス)
・しずちゃん(南海キャンディーズ)
・ふじもん(FUJIWARA)
・鈴木奈々
・ダイアモンド☆ユカイ
・ボビー・オロゴン
・諸星和己

氷の塔と呼ばれる密室に、動いたらダメなメンバーが8人登場します。

ドキュメンタルではお笑い芸人のみの出演でしたが、
今回は、笑いを取る必要がないため、
ダイアモンド☆ユカイや、諸星和己などバラエティで滅多にみない芸能人やタレントも出演しています。

また、芸人はドキュメンタルで出演していた、
クロちゃん、ふじもん他
フットボールアワーの岩尾や、南海キャンディーズのしずちゃんなども出演しています。

この異色メンバーが、松本人志の指令によって、
我慢しても動いてしまうような、そんな展開に追い込まれて行きます。笑

ミナトくん
ミナトくん
ここから先はネタバレになるよ!見てない人はamazonプライムの30日間無料体験で見てね!

Amazonプライムビデオを30日間無料で試す!

松本人志『FREEZE(フリーズ)』「1.未知なる戦い」 感想(ネタバレ)

FREEZE フリーズ 松本人志 amazon アマゾン ブライムビデオ amazonプライム 1話 未知なる戦い

何が来る!?迫る恐怖に動かず耐える8人の挑戦者。密室に漂う煙、爆音、そして予測不能の仕掛けは頭上からも襲いかかる!思わず悲鳴をあげる者、笑いを堪え切れない者…限界まで追い詰められていく中、想定外の強さを見せる者が現れた。第1ステージの脱落者は2名。生き残るのは誰!?

出演者は、それぞれ誰が来るかさえ伝えられておらず、
伝えられているのは、『動いちゃ、ダメ』という情報のみとなります。

目の前で起きている状況を見ていることしかできず、
笑って動いてしまうことさえも、制限されているという過酷な状況が、
視聴者的には最高に面白いですよね笑

出演者が部屋に入って来るときの、
フットボールアワー岩尾が、

フット岩尾
フット岩尾
どの角度もむりかぁ

と、後頭部が映らないカメラの死角に入る姿は、どうしても笑ってしまいました。笑

また、心拍数も常に測定してるのですが、
クロちゃんが諸星和己に突然、頭を叩かれた時に一切ブレていなかったのも面白いですよね。笑

ふじもんの「金持ちの遊びみたいな」という発言に、激しく同意しました。
まさに金持ちの遊びです。笑

スポンサーリンク




FREEZE(フリーズ) 第一の仕掛け『時限爆弾』

FREEZE フリーズ 松本人志 amazon アマゾン ブライムビデオ amazonプライム 1話 未知なる戦い

FREEZE(フリーズ)が始まって、第1回目の仕掛けが『時限爆弾』です。

出演者の中心に、ゆっくりとあらわれた時限爆弾。
火のついたロープが徐々に短くなり、爆弾に着火すると、何かが起こるタイプです。

時限爆弾は実際には、破裂するような危険なものではなかったですが、
爆音を室内に響かせて出演者を驚かしていましたね。

ふじもんと鈴木奈々はひどくびっくりして、身体が大きく動いていましたが、
瞬時に腕を組み直してました。

ただ、ダイアモンド☆ユカイと諸星和己はすごかったですねぇ〜!
あの爆音で、少し表情がブレたくらいでほとんど動きませんでした。

RELEASE後に、
鈴木奈々の、
「我慢しても出ちゃったんですよね。声が」
という発言に対して、
ふじもんが、
「いやまぁみてたからわかるけど」
と、即答していたのも笑ってしまいますよね。笑

FREEZE(フリーズ) 第二の仕掛け『回転竹刀』

FREEZE フリーズ 松本人志 amazon アマゾン ブライムビデオ amazonプライム 1話 未知なる戦い

第二回目の仕掛けは『回転竹刀』です。

回転する機械につけられた竹刀が、フリーズ中の出演者の『すね』をひたすら叩き続けます。
実際に痛みがあるなか、動かないように我慢するという過酷な状況でしたね。

ただ、
竹刀で『すね』を打たれているのに、表情を変えずに座っている人を見る。
というのは、どうしても笑ってしまいますよね。笑

松本人志はダイアモンド☆ユカイにハマっているのか、終始、狙われていました。
それでも表情を崩さずに黙って腕を組んでいるのは、流石に驚きました。

ふじもんや、ボビーはダイアモンド☆ユカイの我慢している姿をみて、完全に笑っちゃっていました。笑

ボビーに関しては、諸星和己が竹刀で打たれている時に、
緊張がほぐれたような表情になっていて、
別室で見ている松本人志に
「ボビーがずっと笑ってんねんけど。キリッとせいっつってんのに。笑」
と突っ込まれている始末。
確かに、あの状況で我慢することは不可能のように思えます。笑

FREEZE(フリーズ) 第三の仕掛け『ドローン』

FREEZE フリーズ 松本人志 amazon アマゾン ブライムビデオ amazonプライム 1話 未知なる戦い

第三回目の仕掛けは『ドローン』です。

ただ、ドローン単体ではなく、
一機目のドローンには、『猫じゃらし』
二機目のドローンには、『出刃包丁』
が括り付けられていました。

流石に、出刃包丁は危ないですよねぇ・・・
結構、FREEZE(フリーズ)は視聴者から様々なクレームがあるそうで、
おそらく第三回目の仕掛けにある『出刃包丁』が原因かと思います。

一機目の猫じゃらしは、顔をこそばして無理やり笑わせるという目的です。
プラスで、『しつこさ』という面でも笑わせようという意図が見えましたね。笑
ただ、猫じゃらしに関しては、全員が我慢できていたように思います。
流石に竹刀のあとで、猫じゃらしは弱いですよね。笑

そして問題の二機目、出刃包丁が登場。
猫じゃらしで終わりかなと思っていた出演者は、びっくりしたでしょうね。笑
出刃包丁は、おそらくビビらせるのを目的に用意されているものかなと思います。

本来は当てる気など一切なかったと思うのですが、スタッフの操作ミスで
安田大サーカスのクロちゃんのまぶたに突撃しました。

この突撃で傷をおったという訳ではないのですが、
流石に目に入ったことを考えるとゾッとしますよね。

そして、そのあともクロちゃんの目の前を浮遊していたドローンは、
クロちゃんの頭と衝突して、墜落しました。

正直、批判があることは関係なしに

大爆笑しました。笑
ドローンのプロペラがクロちゃんの頭にかすって、少し頭を切っていましたね。
第三の試練後にはクロちゃんの頭には、皮膚の色と同じ絆創膏のようなものが貼ってありました。

ドキュメンタルでも、バイキング小峠がアンジャッシュ小島の木魚代わりになって頭を叩かれたときに、ものすごく怪我してましたね。
あれはどうなのかな。批判があったのかな。

ただ、出刃包丁のような危険な道具は、シーズン1以降は、視聴者からのクレームで制限されてしまうかもですね・・・
僕個人としては、めちゃくちゃ面白かったので少し寂しい気もしますが。

スポンサーリンク




FREEZE(フリーズ) 第四の仕掛け『拳銃』

FREEZE フリーズ 松本人志 amazon アマゾン ブライムビデオ amazonプライム 1話 未知なる戦い

第四の仕掛けは『拳銃』です。

流石に球は入っていません。笑
ただ、出演者には一発目の発砲があるまでは、わかりません。

ひとりでに動き回る拳銃が、自分の方を向いたら流石に緊張が走りますよね。
そんな緊迫した状況を、じっくり松本人志は楽しんで見ていました。笑

松本人志の「諸星いく」の一言で、
拳銃は、徐々に向きを諸星の方面にうつし、
「打ってみようか」
の一言で、発砲されました。

まさに金持ちの遊びですね。笑

突然の発砲に関わらず、諸星は完全に絶えていましたね。
「あれはすごいなぁ」と、ただ関心でした。

一番怯えていたのは今回もふじもんでしたね。笑
芸人として、少しでも面白い状況を作らないといけないというプロ意識なのか
単にびびっただけなのか、どちらなんでしょうね。笑

松本人志『FREEZE(フリーズ)』「1.未知なる戦い」脱落者

今回は四回の仕掛けで終了となりました、「1.未知なる戦い」

脱落者が松本人志から報告されました。

今回の脱落者
・ふじもん(FUJIWARA)
・クロちゃん(安田大サーカス)

ふじもんは、「そりゃそうだよな」というくらい動いてましたし笑っていました。
芸人という部分が邪魔してるのかなとも思っちゃいました。

クロちゃんに関しては、脱落するほど動いていないと思っています。
クロちゃんより、鈴木奈々、ボビー・オロゴンの方が圧倒的に動いてましたよね。

おそらく、
鈴木奈々や、ボビー・オロゴンを一発目で落とすわけにはいかないという運営側の意見か、
ドローンで頭を怪我したクロちゃんを隠すためか、
のどちらかだと思うんですよねぇ。

動いた、動かないではなく、運営側のなんやかんやがあってこういう結果になったんだと思います。
だから脱落者発表でも納得いかない人がたくさんいるんだなと感じますね。
地上波じゃできないことをやっているはずなのに、地上波のようなジャッジで脱落させられたクロちゃんが可哀想ですね・・・

なんにせよ、僕個人としては、
「めちゃくちゃ大爆笑しました。」

もしかしたらFREEZE(フリーズ)は失敗に終わるかもしれないですが、どうか継続して欲しいと感じた作品でした。

次回は、ふじもん、クロちゃんを除く6名でFREEZE(フリーズ)が開催されます。
楽しみですねぇ。

Amazonプライムビデオを30日間無料で試す!

この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter