生活・ライフスタイル

生活費が安い都道府県はどこ?家賃と最低賃金で算出した都道府県TOP5を詳しく紹介

貯金がしたくてもなかなかできないのは、生活費に原因があるかもしれません。

ムチコちゃん
ムチコちゃん
毎日頑張って働いているのに、なんで貯金が貯まらないんだろう?
ミナトくん
ミナトくん
貯金が貯まらないのは生活費が原因かも!
家賃が低くて、最低賃金が高い都道府県を5つ紹介するね!

「もっと自由にお金を使いたい」と思っている人は沢山います。
この記事を読んでいるあなたも「生活費の負担を少しでも減らしたい」考えているのではありませんか?

食費や水道光熱費をギリギリまで抑えた節約をして、
生活の質を落としたままこの先生きるのは少し寂しいですよね。

生活費を抑えることで服や遊び、食に対していままで以上にお金をかけることができます。
もちろん貯金もいままで以上に貯まります。

今回は生活費を安く済ませられる都道府県TOP5を紹介したいと思います。

抑えられる生活費とは?

抑えられる生活費とは?

住宅費、水道光熱費、日用品費、食費、通信費、交通費など様々な出費が生活する中で必要となってきます。

これらの中で水道光熱費や食費を削って生活の質を落としながらも、
なんとか節約している人も多いと思います。

ただその中でも住宅費や通信費が出費の中で非常に大きく
抑えることで生活に今以上の余裕が金銭的にできます。

特に都内で生活している人なら、まずは住宅費を削ることを一番に考えたいですね。

通信費を抑える『格安スマホ(SIM)』については下記の記事で解説しています。

格安SIM(MVNO)ってなに?格安SIMの詳細とメリットデメリットを解説!お得にスマホを利用するために格安SIMに乗り換えようどうも、森山ミナト(@moriyama_minato)です。 CMやつり革広告で格安SIMの名前を目にする機会は非常に多い...

スポンサーリンク




各都道府県の最低賃金

ムチコちゃん
ムチコちゃん
あの県の最低賃金はいくらなんだろう?

都道府県によって最低賃金が大きく異なります。

2018年(平成30年)の最低賃金で一番高いのが東京の985円となっています。
逆に、一番安いのが鹿児島県の761円です。
ちなみに全国の平均最低賃金額は793円です。

下記に各都道府県の最低賃金を高額順で紹介します。

都道府県の最低賃金を高額順
やはり首都圏、大阪、京都あたりは最低賃金が高額となっています。
逆に九州や東北などは低い傾向です。

各都道府県の家賃平均

ムチコちゃん
ムチコちゃん
家賃の各都道府県別平均ってどのくらいかな

家賃は間取りによって大きく変わってきます。

全体的な平均金額は下記の表でご確認ください。
(平均金額で降順表示にしています)

家賃平均金額
参照:全国賃貸管理ビジネス

生活費を抑えられるおすすめ都道府県TOP5

生活費を抑えられるおすすめ都道府県TOP5

都道府県によって家賃、パート・アルバイトの最低賃金が大きく異なります。
東京は最低賃金が985円と高額ですが、その分賃家賃も大きく給料が多いことへのメリットも少なく感じますね。

今回は住宅費と最低賃金に着目して、生活費を安く抑えることができる都道府県TOP5を紹介いたします。

現在、引越しを検討している方には、下記の記事がおすすめです。

引越し前にやることリスト!引越しを決めてから当日までにやるべき準備・手続きについて4つのステップに分けて解説引越しは当日までの段取りを考えて、計画的に準備を進めていくことが大切です。しかし、やるべきことが多くて、なにからやればいいか分からなくて...

1位 岐阜県

生活費 都道府県 おすすめ都道府県TOP5 1位岐阜県 大阪城

最低賃金:825円

家賃平均金額:48,149円

家賃間取り別
・1部屋:41,416円
・2部屋:49,212円
・3部屋:53,819円

岐阜県は森林の割合が全国2位の広さを誇り、
毎年約5200万人の観光客が訪れる魅力的な自然に溢れた県です。

下呂温泉や岐阜城など癒されるスポットがとても多く、のんびり生活したい人には理想の県となっております。

スポンサーリンク




2位 群馬県

生活費 都道府県 おすすめ都道府県TOP5 2位群馬県 伊香保温泉

最低賃金:809円

家賃平均金額:47,341円

家賃間取り別
・1部屋:38,536円
・2部屋:48,633円
・3部屋:54,855円

群馬県は有名な温泉が、
・伊香保温泉
・草津温泉
・四万温泉
・みなかみ温泉
などいくつもあります。

また伝統料理の『おっきりこみ』という、
幅の広いうどんが醤油や味噌ベースの汁で煮込んだ鍋も非常に有名です。

温泉でも食でも温かまることができる群馬県でゆったりとした生活をしてみてはいかがでしょうか。

3位 栃木県

生活費 都道府県 おすすめ都道府県TOP5 3位栃木県 日光 鬼怒川温泉

最低賃金:826円

家賃平均金額:49,092円

家賃間取り別
・1部屋:40,671円
・2部屋:48,810円
・3部屋:57,794円

栃木県は日光鬼怒川温泉が有名です。

他にも、宇都宮餃子やいちごなどの食べ物や世界遺産にも登録されている『日光東照宮』など観光スポットも非常に充実しています。

また都内へのアクセスも電車で1時間程度なので、なにか買い物で東京に行くにも気軽に行けますね。

スポンサーリンク




4位 三重県

生活費 都道府県 おすすめ都道府県TOP5 4位三重県 夫婦岩

最低賃金:846円

家賃平均金額:50,703円

家賃間取り別
・1部屋:43,110円
・2部屋:53,617円
・3部屋:55,383円

松坂牛や伊勢海老が有名な三重県ですが、魅力的なのは食べ物だけではなく、
絶景や自然、レジャーなど充実しています。

工場夜景やおかげ横丁など、ぷらっと外に出て夜景観賞や食べ歩きができるとても魅力な県です。

また縁結びとして有名な『夫婦岩』もあり、家族やカップルで引っ越しを考えているのであれば、縁起のいい夫婦岩がある三重県に住んでみるのはいかがでしょうか?

5位 茨城県

生活費 都道府県 おすすめ都道府県TOP5 5位茨城県 ひたち海浜公園 ネモフィラ

最低賃金:822円

家賃平均金額:49,522円

家賃間取り別
・1部屋:42,863円
・2部屋:49,320円
・3部屋:56,383円

茨城にはネモフィラで有名な『国営ひたち海浜公園』がありますね。

観光や食が充実しているだけではなく、
つくば市から秋葉原まで『つくばエクスプレス』を利用することで45分でアクセスができます。

また日本一高い100mを超えるバンジージャンプができる『竜神大吊橋』もあり、レジャーも非常に充実しています。

スポンサーリンク




まとめ

生活費を抑えることで、いままで以上に豊かな日常を送ることができます。

なかなか逃れることができない家賃をできるだけ節約することで、趣味や貯金といったお金に関する選択肢が増えていきます。

「引っ越しを考えているけど、どこかいいところないかな」
と考えているのであれば、生活費を抑えることができる都道府県選びを重視しましょう。

この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter