衣食住

カフェラテとカフェオレって何が違うの?意外と知らない2つの違いを分かりやすく解説

「カフェラテ」と「カフェオレ」は、どちらもコーヒーにミルクを合わせたものですが、使用するコーヒーがエスプレッソかドリップコーヒーかという違いがあります。

ムチコちゃん
ムチコちゃん
カフェラテとカフェオレの違いってなんだろう?正直よくわからないなぁ
ミナトくん
ミナトくん
似ているけど、起源もつくり方も違うんだよ!

今回は、この2つの違いについて解説していきます。

カフェラテとカフェオレって何が違うの?

カフェラテ カフェオレ 違い

カフェラテとカフェオレでは、ミルクと合わせるコーヒーが違います。

カフェラテは、エスプレッソ+ミルク
カフェオレは、ドリップコーヒー+ミルク

簡単に言うと、「エスプレッソ」「ドリップコーヒー」かという違いです。
エスプレッソとドリップコーヒーは抽出方法が違います。同じような飲み物ですが、起源が違いますので、作り方も違います。

それぞれについて詳しく説明していきます。

スポンサーリンク




カフェラテ

カフェラテ カフェオレ 違い

カフェラテはイタリア発祥の飲み物で、エスプレッソにミルクを合わせたものです。イタリア語で「カフェ・ラッテ(Caffè Latte)」は、コーヒー・ミルクという意味で、「Caffè」がコーヒー、「Latte」がミルクを指します。

イタリアではコーヒーというとエスプレッソが一般的です。
エスプレッソとは、専用のマシーンで高圧力・短時間で抽出されたコーヒーのことで、
普通のコーヒーよりも濃く、旨味が凝縮されていているのが特徴です。
ミルクは、水蒸気で温められたスチームミルクを使用します。
エスプレッソとミルクの割合は一般的には2:8と言われます。

カフェオレ

カフェラテ カフェオレ 違い

カフェオレはフランス発祥の飲み物で、ドリップコーヒーにミルクを合わせたものです。フランス語で「カフェ・オ・レ(café au lait)」は、ミルク入りのコーヒーという意味です。「café」がコーヒー、「au」は〜入りの、「lait」はミルクを指します。

ドリップコーヒーはコーヒーの粉にお湯を注いで抽出されたコーヒーで、日本で言ういわゆる普通のコーヒーです。ミルクは温めたものを使います。コーヒーとミルクの割合は1:1くらいが一般的です。

スポンサーリンク




まとめ

カフェラテとカフェオレは似たような飲み物ですが、カフェラテはイタリア発祥で、エスプレッソとスチームミルクを合わせたもの、カフェオレはフランス発祥で、ドリップコーヒーとミルクを合わせたものです。

それぞれ発祥の地・作り方が違いますので、味わいも違います。使われるコーヒー豆やお店によっても味が異なりますので、これを機に飲み比べをして自分の好みを知ってみてはいかがでしょうか。コーヒーの奥深さにはまってしまうかもしれません。

この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter