エコ

環境にやさしい蜜蝋(ミツロウ)ラップおすすめ5選|使い方や注意点も詳しく解説

『蜜蝋ラップ』は、洗って何度も使える、天然素材で作られた環境にやさしい『ラップ』です。

ご存知のように、日本では、2020年7月からプラスチック製レジ袋の有料化が義務付けられます。これを機に、エコバックを使用するだけでなく、身の回りのプラスチック製品の使用を見直してみてはいかがでしょうか?

ムチコちゃん
ムチコちゃん
ラップって便利だけど、使い捨てでゴミになるから、何度も繰り返し使える『蜜蝋ラップ』はいいかも!使ってみたい!
ミナトくん
ミナトくん
自分から積極的に環境に配慮した製品を選ぶことはとてもいいことだね!『蜜蝋ラップ』のことを知って、ぜひ日常的に利用してほしいな!

今回は、プラスチック製食品用ラップの代替品として使える『蜜蝋ラップ』について使い方や利点などを解説し、おすすめの商品をいくつかご紹介します!

『蜜蝋ラップ』とは?

『蜜蝋ラップ』は天然素材でできたラップです。
オーガニックコットンや麻などの布と蜜蝋を主な原料に、植物油脂や木の樹脂などを合わせ天然素材のみを使用して作られています。

ミナトくん
ミナトくん
『蜜蝋』は蜂の巣から採れる天然のワックスのことだよ!

化学的なものを一切使用していないため、最後は土に還ります。身体にも地球にもやさしい、エコなラップが『蜜蝋ラップ』です。

なぜ今『蜜蝋ラップ』?

今や私たちの生活になくてはならないものとなった『プラスチック製食品用ラップ』。
安価で便利な優れものですが、世界的に脱プラスチックの動きが加速する昨今、プラスチックできており、しかも使い捨てのラップは環境問題を考える上で、見直されるべきアイテムのひとつとなっています。

プラスチックは土に還ることがありません。その上、海洋ゴミや『マイクロプラスチック』となって、海の生物や、私たち人間に悪影響を及ぼしています

今話題になっている『マイクロプラスチック』について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

マイクロプラスチックってなに?海の生物や人間に与える影響について解説マイクロプラスチックとは、大きさが5㎜以下の小さなプラスチックのかけらのことで、人間によって生み出された海洋ゴミです。このマイクロプラス...

加工しやすく、衛生的で、軽い…
利点も多く、使い勝手の良さから、私たちの生活に根付いているプラスチック製品。

すべてをなくすことは難しいですが、プラスチックを減らすことは環境のためだけではなく、巡り巡って私たちの健康のためでもあります

自然環境のことを考えて、少しでも減らす、代わりに環境にやさしものを使う努力の一つとしてプラスチック製の食品用ラップをやめて、『蜜蝋ラップ』を使うという選択をする人が増えています。

『蜜蝋ラップ』のいいところ

洗って何度も使える

一度使ったらゴミになってしまうラップと違い、蜜蝋ラップは何度も繰り返し使用することができます。汚れたら洗って乾かして、大事に使えば、1年ほど持つと言われています。

最後は土に還るのでゴミになりません。

天然素材使用で安全

蜜蝋・布・オイルなどの材料にはすべて天然素材を使用しているため、私たちの身体にも、地球にも優しく、安心して使うことができます。

天然の『抗菌性』で鮮度長持ち

蜜蝋には天然の抗菌性があります。また、蜜蝋ラップは布でできているため、適度な通気性もあります。この抗菌性と保湿性&通気性で、食品の鮮度を保ったまま保存することができます。

アイデア次第で豊富な使用法

プラスチック製ラップとほとんど同じように使用できるほか、アイデア次第で、さまざまな方法で使うことができます。

かわいいデザインが魅力

国内外のブランドから、さまざまなデザインのものが販売されています。

シンプルなものからおしゃれで可愛らしいものまで、デザイン豊富で、選ぶ楽しみがあります。キッチン周りが華やかになるだけでなく、食べ物やお菓子を包んで、そのまま持ち歩いても可愛いのが魅力です。

どこで買える?おすすめ5選

『蜜蝋ラップ』はamazonやYahooショッピング、各ブランドの公式サイトなどから、ネットで簡単に買うことができます。

おすすめを5つご紹介します!

『SuperBee Beeswax Wraps 』(スーパービー ビーワックスラップ)

  • 原料:オーガニックコットン生地、蜜蝋、オーガニックココナッツオイル、ゴールデンツリー樹脂
  • サイズ:S(20x20cm)、M(26x26cm)、L(33x33cm)
  • 参考価格:S・M・L 3つのサイズがセットで¥2399
  • 原産国:タイ

GOTS認定のオーガニックコットン生地を使用。
さまざまな柄があり、デザインが豊富です。
タイの山岳地帯で手作業で製造されており、
包材にも再生紙を使用しています。

3サイズセットでこの価格はコスパ最強です。

ミナトくん
ミナトくん
「GOTS」とは「Global Organic Textile Standard」の略で、「GOTS認定」は繊維製品のオーガニック世界基準を満たしているということなんだよ!

『Bee Eco Wrap』 (ビーエコラップ)

  • 原料:オーガニックコットン生地、蜜蝋、ホホバオイル、天然樹脂(植物由来)
  • サイズ:S(18x18cm)、M(27x27cm)、L(33x33cm)、XL(40x40cm)
  • 参考価格:Sサイズ ¥902、Mサイズ ¥1452、Lサイズ ¥2112、XLサイズ ¥2772 ※セット価格あり
  • 原産国:オーストラリア

オーストラリアで「サステイナブル」な生活をしているデヴァイン一家によって開発されたエコラップです。

GOTS認定のオーガニックコットン生地に、化学物質を一切使わず持続可能な方法で採集した蜜蝋とコールドプレス製法のホホバ油、天然樹脂を独自にブレンドしたワックスを浸透させて作られています。

蜜蝋に加え、ホホバオイルの抗菌性もプラスされ、保存性も○。

ミナトくん
ミナトくん
ちなみに、「サステイナブル」は「持続可能な」という意味だよ。「人や地球環境に配慮し、良い状態を保ち、受けついでいくこと」を目指す考え方なんだよ!

「Bee Eco Wrap」の公式サイトはこちら

『Bee’s Cotton Wrap』 (ビーズコットンラップ)

  • 原材料:オーガニックコットン、蜜蝋、オーガニックホホバオイル、樹脂
  • サイズ:S(20x20cm)、M(30x30cm)、L(35x45cm)
  • 参考価格:Sサイズ&Mサイズの2枚セット ¥2420、Lサイズ1枚 ¥2420
  • 原産国:ハワイ

GOTS認定のオーガニックコットン生地、ハワイ「マノアハニーカンパニー」の蜜蝋、100%オーガニックの樹脂を使用。

ハワイらしいビビットなカラーや可愛いデザインが魅力です。

「Bee’s Cotton Wrap」の公式サイトはこちら

『aco wrap』 (アコラップ)

  • 原材料:オーガニックコットン、蜜蝋、USDA認証オーガニックホホバオイル、天然樹脂(植物由来)
  • サイズ:S(直径13cm)、M(直径19cm)、L(直径33cm)
  • 参考価格:Sサイズ ¥1320、Mサイズ ¥1650、Lサイズ ¥2915
  • 原産国:日本(岐阜県)

岐阜県のミツバチの巣から採取した蜜蝋を使って作られている、「Made in Japan」の蜜蝋ラップ。

布を染めるところから、加工まで、ひとつひとつ手作業で作られています。シンプルな無地のデザインと天然染料の色合いが魅力です。

「aco wrap」の公式サイトはこちら

『VIVIBLU』 オーガニックミツロウエコラップ

  • 原材料:オーガニックコットン生地、マヌカ蜜蝋、オーガニックホホバオイル、天然樹脂
  • サイズ:S(20x20cm)、M(27x27cm)、L(36x36cm)
  • 参考価格:S・M・L 3枚セットで¥2000〜

GOTS認証のオーガニックコットン生地、オーストラリア原産のマヌカ蜜蝋、イスラエル原産のオーガニックホホバオイル、フィリピン原産の天然樹脂を使用し、ひとつひとつ手作りで作られています。

海の生き物が描かれたデザインは沖縄の海がモチーフ。

「VIVIBLU」公式サイトはこちら

『蜜蝋ラップ』の使い方

「蜜蝋」は手の温度でやわらかくなり、冷蔵庫で冷やされると固まる性質を持っています。使うときは、手の熱で形を整え、ぴったり押さえてフィットさせます。

  • 器のフタに。
  • 野菜や果物の切り口に。
  • おにぎりやサンドイッチを包んで持ち運びに。
  • ちょっとしたお菓子や食べかけのパンを包むのに。
  • 飲みかけのお茶などのコップのフタに。
  • チーズなどの発酵食品に。

『蜜蝋ラップ』の注意点

プラスチック製のラップとほとんど同じように使える「蜜蝋ラップ」ですが、使用方法やお手入れの仕方にいくつか注意点があります。

「蜜蝋」は熱に弱い

「蜜蝋」は、手の温かさでやわらかくなるほど、熱に影響を受けやすいので、以下に注意しましょう。

熱いものを包まない

おにぎりなど、ほかほかの状態で包むことはできません。冷めてから包みましょう。

お湯で洗わない

蜜蝋が溶けて落ちてしまうので、必ず水で洗いましょう。

直射日光や火にあてない

洗った後は、直射日光の当たらない場所で乾かします。また、火のそばには置かないように気をつけましょう。

電子レンジで使用しない

温まった食材の熱によって溶けてしまいます。電子レンジでの使用は控えましょう。

「蜜蝋」は酸に弱い

「蜜蝋」は酸に弱いため、レモンなどの柑橘系やパイナップルなど、酸性の強い食品には使わないようにしましょう。

「蜜蝋」は傷つきやすい

「蜜蝋」は傷つきやすいため、やわらかいスポンジで優しく洗います。食器用洗剤は、製品によっては使用を推奨していないものもあるので、確認してから使いましょう。

乾燥させて保管する

水分が残ったままにしておくと、カビが生える危険性があります。水洗いした後は、直射日光の当たらない場所でしっかりと自然乾燥させましょう。

使い始めは粘度と香りがある

使い始めは、蜜蝋特有の香りと、ペタペタとした粘度があり、気になる方もいるかもしれません。使っていくうちに香りも粘度も落ち着いていきます。

まとめ

使い捨てのラップと違い、何度も使える「蜜蝋ラップ」はお手入れに少し手間がかかりますが、使っていくうちに馴染んでいき、愛着がわいてくるはずです。大切に手入れをすれば1年以上は使えますし、使えなくなったら、最後は着火剤として利用することもできるそう。

デザイン豊富で可愛いものも多いので、ぜひ楽しみながら、環境にやさしい「蜜蝋ラップ」を使ってみてください!

 

この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter