森山雑記

【寿司屋の業界用語】不思議な呼び名とおもしろい語源!あがり・むらさき・なみだ…あなたはいくつ分かりますか?

お寿司屋さんで飛びかう謎のことば…

『シャリ』『ガリ』『カッパ』など馴染みのあることばから、『あがり』『むらさき』『なみだ』など聞き慣れないことばまで、さまざまな業界用語・専門用語があります。「なぜそう呼ぶんだろう…?」と考えたことがある方、多いのではないでしょうか。

ムチコちゃん
ムチコちゃん
『カッパ』はなんとなくわかる気がするけど…お寿司屋さんはどうしてこんな変なことばをつかうんだろう?
ミナトくん
ミナトくん
わからないことばばかりだけど、お寿司屋さん用語をつかえたら『通』っぽいよね!これを機にマスターしてみよう!

今回は、お寿司屋さんの業界用語の不思議な呼び名と、そう呼ばれるようになった由来をご紹介します。

お寿司屋さん用語いろいろ

寿司屋お寿司屋さんで飛びかう業界用語は、もともとお店の寿司職人さんが使っていたことばです。ネタの名前会話で使うことばなど、いろいろな用語があります。今では、その一部がお客さんにも浸透し、一般的に使用されているものもありますが、客側が使わない方がいいことばもあるんだそう。

ムチコちゃん
ムチコちゃん
そもそもなんで『ネタ』っていうの??
ミナトくん
ミナトくん
それも順番に教えていくよ!

寿司用語、ネタ名前、数字の読み方をそれぞれご紹介します。

寿司用語

寿司職人

あがり

お茶のこと。お茶

由来

江戸時代の遊郭で、お茶を『上がり花』と呼んでいたことから。

おあいそ(お愛想)

お勘定のこと。

由来

『お愛想』は『愛想尽かし』を省略したことば。お会計の際、店側が「愛想がなくて申し訳ありません」という意味で使っていたのが由来。客側が使うのはタブーです。

ガリ

しょうがの甘酢漬けのこと。

ガリ
由来

食べると、ガリガリと音がすることから。

シャリ

酢飯のこと。シャリ

由来

『シャリ』はサンスクリット語で遺骨を意味することば『sariraシャリーラ=舎利』が語源。仏舎利(お釈迦様の骨)が真っ白で米粒に似ていた、あるいは、無数に分骨された仏舎利が米粒ほどの大きさだったためという説がある。

ミナトくん
ミナトくん
ちなみに、酢飯ではない普通のご飯のことは『ドンシャリ』と言うんだよ!

なみだ

ワサビのこと。ワサビ

由来

ツーンとくると涙が出ることから。

ネタ

寿司の材料のこと。

由来

寿司種の『タネ』を逆さにして『ネタ』と呼んだことが由来。

ムチコちゃん
ムチコちゃん
お笑い芸人さんも『ネタ』ってつかうよね!

バラン

笹の葉などの、仕切りや飾りに使われる葉のこと。
バラン

由来

葉蘭はらんというユリ科の植物が由来。昔はこの大きな葉を切って、細工して使っていた。現在よく目にするのは、お弁当の仕切りなどに使われるプラスチック製のもの。

むらさき

お醤油のこと。醤油

由来

お寿司屋さんの醤油は『ニキリ』と呼ばれる特別な醤油を使っており、その色が紫がかっていたことが由来。

ネタの名前

寿司

いなり

稲荷寿司。おいなりさん。甘く煮た油揚げの中に酢飯を詰めたもの。

いなり
由来

稲荷神の遣いである狐の好物に由来する。その昔、狐を捕まえる時に、ねずみの油揚げを使用していたことから、豆腐の『油揚げ』が稲荷神にお供えされるようになり、油揚げでつくったお寿司を『稲荷寿司』と呼ぶようになった。『狐寿司』とも言われる。

エンガワ

ヒラメやカレイのひれの付け根の筋肉のこと。

エンガワ
由来

身の形が家の『縁側』に似ていることから。『縁側』は、家の『ふち』という意味から、そう呼ばれるようになった。

片想い

アワビのこと。

由来

「磯のあわびの片想い」という、万葉集に出てくる歌の一節に由来。アワビは貝の片方だけのように見えるため、『片想い』の『片』とかけている。

カッパ

カッパ巻き。キュウリの海苔巻きのこと。

河童巻き
由来

河童の好物がキュウリであることから。

ガレージ

シャコのこと。

由来

シャコ→車庫→ガレージというダシャレから。

ギョク

たまごのこと。
たまご

由来

『玉子』の『玉』を『ギョク』と読むことから。

ゲソ

イカの足のこと。
ゲソ

由来

下駄や草履などのことを言う下足げそくを略して『げそ』ということから。

鉄火

鉄火巻き。マグロの海苔巻きのこと。江戸前寿司の一種。

鉄火巻き
由来

マグロの赤身の色とワサビの辛さを、熱せられて赤くなった鉄のことをいう『鉄火』に見立てたことから。

トロ

マグロの脂身の多い腹部の身のこと。

トロ
由来

肉質がトロリとしていて、口に入れるとトロっと溶けることから。

はかりめ

穴子のこと。
あなご

由来

穴子の体には目盛りのような模様があり、姿形が魚市場で使われる『棒はかり』に似ていることから。

バッテラ

サバの押し寿司のこと。
バッテラ

由来

『バッテラ』とはオランダ語で『ボート』のこと。形がボートに似ていることから。

光り物

コハダ、アジ、サンマ、イワシなどの青魚のこと。

こはだ
由来

背が青く、腹が白く光って見えることから。

数字の読み方

数える

お寿司屋の職人さんが使う数字の数え方は、ちょっと変わっています。

1:ピン ポルトガル語の『pintaピンタ(点)』が由来
2:リャン 中国語で「2個」を意味する『リャン』から
3:ゲタ 下駄をの鼻緒が3カ所でとめられていることから
4:ダリ 江戸時代の駕籠かきが使っていた隠語
5:メノジ 『目』の字が5画だから
6:ロンジ 『六の字』がなまって
7:セイナン 時計の7がある場所が西南の方向だから
8:バンド はち→はちまき→バンド
9:キワ 一の位の端っこ=きわの数字だから
10:ピンマル 1(ピン)と0(マル)

ムチコちゃん
ムチコちゃん
普通の数え方と全然ちがうね!おもしろい!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
皆さんはいくつわかりましたか?

聞き慣れないもの、普段から使っているけれど、実はその由来を知らなかったものなどいろいろあったかと思います。

無理に使うことはありませんが、知っておくと通っぽいですよね!また、客側が使わない方がいいことばは、使わないように気をつけたいですね!

この記事を読んだあなた!

最新記事はTwitterで告知しています!
森山ミナトのくだらない呟きをみてあげてもいいという人は、
ぜひ、フォローしてください!

↓画像のクリックでTwitterに飛べます!
森山ミナト MORIYAMABLOG twitter